FX取引会社

FX取引を始める際に様々なリスクが考えられます。
最も大きな損失を生む可能性のあるリスクといえば「信用リスク」ではないでしょうか。
これは、平たく言えば取引会社が倒産した場合のリスクのことです。
取引会社が取引を行っている銀行がつぶれるケースもあります。

この様な2つのケースはどちらも、顧客が預けた資金が根こそぎ失われるという危険をはらんでいます。どうしてこんなことになるのか?

それは、日本円の普通預金の場合は、銀行が倒産した場合にもある程度その預金に対して保証が行われます。しかし外貨の場合はそのような保証が一切ないからです。

外貨預金の場合ももちろん、外貨を預金している銀行がつぶれた場合は、預金は基本的に返ってきません。取引会社を選ぶ際には、こうした破産の危険がないことを可能な限り確認するのを怠ってはいけません。

また、FXを扱っている取引会社によっては、信託銀行に顧客のお金を預けることで、会社が倒産したときにも顧客のお金が保証されるようにしているところもあります。こうしたサポート体制がなされている取引会社であれば、資金を預けることで発生するリスクはなくなります。

相次ぐFX業者の倒産により、投資家の資産保全の問題・重要性が見直されはじめましたので、
信託保全管理については、今後全ての業者が体制を整えることでしょう。

それによって、FXがさらにメジャーな投資商品として認知されることになりますね。
今後は、サービスの向上にも注目しましょう。

HOME > FX取引会社